FC2ブログ

たぼのいろいろ

その日にあったことから、過去の思い出まで アニメ・特撮・マンガ等なんでもあり

FC2カウンター
プロフィール

たぼ

  • Author:たぼ
  • たぼの色々へ ようこそ!

    さてさて、いつまで続くことやら・・・since 2005.04.10

    「290000」突破しましたので。。。。
    次は 
    「300000」といたします。
    ということで
    キリ番ゲットの方はこちらへ・・・
    なにか見つくろって粗品進呈
    tabo@olive.plala.or.jp
    いつになるんでしょ(^.^)
ブロとも申請フォーム
今井科学 サンダーバード1号 スコット 永久保存版と輸出版

そろそろ 123456が 見えてきたことですし・・・企画的に まずは「1」ということで
サンダーバード1号
正確には もともとも サンダーバード スコットとして売られたプラモデルですね。
初版については、飛鳥さんとこの記事http://blog.livedoor.jp/godzitoraman/archives/808659.html
参考にしていただいて・・・

こちらでは、1990年代に今井科学より発売されたある意味最後の再販である
プラモデルを紹介しましょう。


左側が 永久保存版と称して発売されたもので 右側が 海外向けにつくられたものです。
国内版は サンダーバード1号 スコットという 書き方で 海外版は サンダーバード1ウイズパイロットスコットとなっています。でも 下にはキャラクターモデルキット ウイズ ミニクラフトモデルって
なってますからある意味 初版とおなじ売り方ですね。
 
RIMG1740.jpg
箱の裏側です。紙の質がちがいますねー

RIMG1742.jpg
箱をあけるとこんなかんじ
見た目はいっしょですが・・・よくみると海外版はビニールに証紙が
ちなみに国内版は 箱にはられています。

RIMG1744.jpg
ランナーのはいった袋をどかすと 日本語ではなくて英語になっています。
あたりまえですね。

RIMG1746.jpg

RIMG1748.jpg

RIMG1750.jpg
箱の3面です。
国内版は 長辺にのりづけの耳がついていますが、海外版は短辺に耳がついています。
このあたりも日本と外国の差なんでしょうか・・・それとも たまたま?

ということで、「1」は終了です。
次は「2」ですね。このネタでひっぱられるかな

スポンサーサイト



関連記事 [サンダーバード]
サンダーバード | コメント(1) | 20090601232313 | 編集
2196|中尾(飛鳥)|20090602005041

この最終生産のスコットなんですが

なぜ1号がスカイシップ1に入ってた1号と同じ形状をしてるんでしょうか。
初版スカイシップ1の1号は甲板から発射するため、後方下部の片側がカットされていましたが、その後に出たBB1号ではカットされていない初版と同じ形状の1号が付いていました。

この状態の1号ではプール状の発射台からうまく飛ばすことができないと思うのですが。

1号の金型は多分一つだけのようで、マスコットとスカイシップで金型をいじって販売してたと思うんだけど
なぜか最終生産のスコットの時は再販スカイシップ1発売時から金型を元に戻してないです。

気がつかなかったのか手を抜いたのか…
前のページ | HOME | 次のページ
フリーエリア
ブログ内検索
    © 2019 たぼのいろいろ  Designed by 意地天