たぼのいろいろ

その日にあったことから、過去の思い出まで アニメ・特撮・マンガ等なんでもあり

FC2カウンター
プロフィール

たぼ

  • Author:たぼ
  • たぼの色々へ ようこそ!

    さてさて、いつまで続くことやら・・・since 2005.04.10

    「252525」突破しましたので。。。。
    次は 
    「260000」といたします。
    ということで
    キリ番ゲットの方はこちらへ・・・
    なにか見つくろって粗品進呈
    tabo@olive.plala.or.jp
ブロとも申請フォーム
今井科学 宇宙科学シリーズ32 サンダーバード5号 いろいろ

カレー煮込みうどんを食べて 元気回復で 再スタート

今回は キャプテンスカーレットから 離れて サンダーバードに
サンダーバード5号です。
2014030417140000.jpg
手前は 後期ディスプレーモデルになった 5号です。奥の二つは宇宙科学シリーズ番号付です。
70年代のものとそのあとの再販の見分け方は、基本宇宙科学シリーズの番号があるかないかです。
ペネロープ号しかり エックスカーにしても 見た目がそっくりで 値段が判らない時の判別方法です。
側面です。2014030417140001.jpg
おやっと思った方・・・
2014030417140002.jpg
同じ宇宙科学シリーズ32ですが、値段が違うんです。
中段が 350円表記 下段が 500円表記です。
伊藤さんのサンダーバードプラモパーフェクトカタログだと
500円の分しか出てないんですね。
で、あまり存在が知られてなかったみたいです。
10ねんくらいまえですかねえ、当時よく行ってた カンスケで
おやじさんに珍しいものありますよって声をかけられて
自分の分とお仲間さんの分を買ったわけです。
2014030417160000.jpg
ハガキの入っている左側が 350円です。
2014030417170000_20140315000730273.jpg
2014030417170001.jpg
見た目は、ほとんど変わりません。
表紙だと イマイのマークを集めようのコメントの部分がないこと
最終ページの 品質表示法のコメントがあるかないかですね。

2014030417160001.jpg
中身は、ほとんどいっしょ 部品押さえのタグも値段が違うくらい
この時の再販では、初版でついていた3号が別売りになっています。
2014030417170002_20140315000525d05.jpg
500円の方には、チラシが封入されていした。これは 個体差があるかもしれません。

ヤフオクなんかでも 時々でてましたが、どっちかなあなんて思いながらウォッチしていましたが
大抵500円の方だったみたいです。

5号の思い出と言えば・・・
1500円の再販版を 初版のように回転するギアボックスを作った方が
いらっしゃいまして、そのテスト版を分けていただいたのがうちにまだあるんですが
当時、イベントでプラモデルや合金を売ったりしているときに、その方も
お手伝いに参加していただいてその時に、そのギアボックスも売ったことが
あるんです。
その数年後、ヤフオクにそのギアボックスが5号と一緒にセットで売りに出されて
良い金額で落札されたというのがありました。
ディスプレーモデルだった5号が、アオシマの手によってまたもーたーで回転するように
なって販売されてるんですからすごいですよね。

スポンサーサイト

関連記事 [サンダーバード]
サンダーバード | コメント(2) | 20140315004459 | 編集
2897|飛鳥|20140318205137

ゼンマイ5号にも価格改定があったんですね。

70年代は見る見るうちに物の値段が上がっていった覚えがあります。
プラモもAFVや戦闘機の値段が上がって買いづらくなったなあ。

5号のギアボックス、イマイの人が一所懸命見ていたと言う話がありました。
5号の再電動化、1号の新金型、そして恐らく今回発売されるであろう1/72磁力牽引車、
イマイ末期にあった、もうかなわないと思っていた商品がはつばいされている現状にアオシマさんに本当に感謝してます。
2898|たぼ|20140318225640

そうですねぇ


今井が廃業した時にはどうなるんだ感がありましたが、その後の
ブームでハピネットブランドでの再販、アオシマからの再販
そして新製品発売と・・・
すごいことですよねぇ
サンダーバードを製作した国でもなんでもないんですけどねぇ
イギリスの人も 不思議でしょうねえ
前のページ | HOME | 次のページ
フリーエリア
ブログ内検索
     © 2017 たぼのいろいろ  Designed by 意地天