FC2ブログ

たぼのいろいろ

その日にあったことから、過去の思い出まで アニメ・特撮・マンガ等なんでもあり

FC2カウンター
プロフィール

たぼ

  • Author:たぼ
  • たぼの色々へ ようこそ!

    さてさて、いつまで続くことやら・・・since 2005.04.10

    「290000」突破しましたので。。。。
    次は 
    「300000」といたします。
    ということで
    キリ番ゲットの方はこちらへ・・・
    なにか見つくろって粗品進呈
    tabo@olive.plala.or.jp
    いつになるんでしょ(^.^)
ブロとも申請フォーム
ヤマザキマザックのギャラリーへ サンダーバード1号を見に行ってきた。

昨年開催された日本工作機械見本市会場で、日系4大工作機械会社の
ヤマザキマザックが、イメージキャラクターとしてサンダーバードを使用して
会場のブースを盛り上げていたというのは、ニュースとかで知ってたんですが
そのヤマザキマザックのツイートで新栄にあるヤマザキマザックのギャラリーに
その時展示されていたサンダーバード1号があるってことを知ったので早速
行ってきました。

会場はヤマザキマザック美術館の横の工作機械ギャラリーです。

このスポーツカーは、以前からかっこいいなあと見てたんですが
IMG_20190203_160947.jpg
こういうの市販してくれると良いんですけどねぇ

本題の
IMG_20190203_161003.jpg サンダーバード1号 デカイ
この角度でまともに撮ろうすると、外からじゃないと厳しいです。
IMG_20190203_161018.jpgIMG_20190203_161026.jpg 紹介のパネルですね。
この柄の カレンダーがノベルティであるみたいですね。(ヤフオクでてます。)
IMG_20190203_161100.jpg
では中にお邪魔して・・・
中には、ヤマザキマザックさんの マシニングセンターとか ドイツ製の旋盤とか
マシニングセンターとかで加工したスクリューとかエンジンとかいろいろ展示しています。
でもそれは写真ダメなようです。(知らずに撮ってたらダメですと注意されます)

IMG_20190203_161432.jpg
今回のコラボレーションように作成されたという事で、さすがにヤマザキマザックさんの
技術でじゃなくてモデラーさんの製作のようです。
評判はいいという事で、2号作ってくださいとか3号もなんてお声も頂いていますとの
ことでした。
IMG_20190203_161450.jpg

IMG_20190203_161830.jpg

IMG_20190203_161847.jpg
展示会のときのような2号のコンテナをもしたものとかはなかったです。

最後にすこし大き目のサイズの画像を・・・クリックしてください。
IMG_20190203_161928.jpg

受付で サンダーバードが表紙の社内報を貰って(アンケート記入して)
帰ってきました。
名古屋に来られた際には、覗いてみてはいかがでしょうか

スポンサーサイト



関連記事 [サンダーバード]
サンダーバード | コメント(6) | 20190203191330 | 編集
3841|もにもに|20190203193301

ヤマザキマザックさんの1号、かっこいいですね。
カレンダー、我が家も1号から2号にめくりました。
1号に続き、2号、3号、できれば5号も作って
並べて欲しいです。
3843|たぼ|20190203231717

もにさん
2メートル近いと中々壮観です。
惜しむらくは、発射台とか そういうジオラマ的でない
所でしょうか
羽根動くんですかって聞きたかったんですけどねえ
3846|もにもに|20190204203449

私も思いました。「羽根 動くんですか?」
でも 動くなら 広げた状態で展示してるかな~と思ったり。
3849|たぼ|20190205013902

もにさん
ですよねぇ
広げると場所取るし、危ないし
いや、いつでも飛んで行ける状態なんですよ (^_^;)
3854|飛鳥|20190207223248

ヤマザキザマックがTBを使っていたのは知りませんでした。
1号作ったのってどなたなんでしょうね。
それにしても放送から50年以上が経過してなお企業宣伝に使われるとか、サンダーバードって唯一無二な作品だなあと思います。
3857|たぼ|20190208010437

飛鳥さん
かなり大きな1号ですから作られた方も大変だったのではと
ほんと50年経っても現役なんだからすごいですよ
前のページ | HOME | 次のページ
フリーエリア
ブログ内検索
    © 2019 たぼのいろいろ  Designed by 意地天