FC2ブログ

たぼのいろいろ

その日にあったことから、過去の思い出まで アニメ・特撮・マンガ等なんでもあり

FC2カウンター
プロフィール

たぼ

  • Author:たぼ
  • たぼの色々へ ようこそ!

    さてさて、いつまで続くことやら・・・since 2005.04.10

    「290000」突破しましたので。。。。
    次は 
    「300000」といたします。
    ということで
    キリ番ゲットの方はこちらへ・・・
    なにか見つくろって粗品進呈
    tabo@olive.plala.or.jp
    いつになるんでしょ(^.^)
ブロとも申請フォーム
宇宙戦艦ヤマト2202 終わった・・・

先日 「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち」第七章新星篇 を見てきたので
感想を・・・

というこで、ネタバレ含むので それでもいいよという方は

結局 さらばにも ならず ヤマト2でもありませんでした。
パンフの最初に構成・脚本の福井さんのお言葉を読んで
思わず納得
最初に 権利元より3つの約束があったと
① さらば宇宙戦艦ヤマトを原作とする。
② 全滅特攻にはせず 主要キャラを生き残らせる
③ でも泣かせてほしい
まぁ ある意味無茶なお願いですわ
というか、続編するき満々ですね。

ということで、加藤・徳川さん・斉藤は主要キャラではなかった
アナライザーも壊れたけど、頭持って帰ったので復活の可能性あり
(メモリユニット壊れてなけりゃあ戻るよね)

ガトランティス側 ガイレーンが先代ズォーダーで
ミルが次のガトランティスって、面白い設定とは思いますが、何歳に
なったら定年交代ってあるんですかねぇ
地球を一気に破壊しなかったのは時間断層が欲しかったわけね。

斉藤が波動エンジンの中でこもってたのはなんだったんだろう
パンフには致死量の放射線を浴びてズォーダーの支配を断ち切って
と書いてあったけど、映像内で説明は無し

まぁ残り30分で テレサと一緒に ヤマトで破滅の箱舟に特攻ってのは
判ります。
でもそこからが、もう謎な展開
半年後に、時間断層にヤマトが出てくる
中に 死んだはずの 山本が生身で 時間断層の中で生身って
古代と雪は、生きてるけど 戻って来る意志がないから連れ戻せと
戻って来るのは簡単だけど、行くのは大変
時間断層が壊れるんで、判断できないから 国民投票ってWWW

ということで、テレビで見る時は、特攻したとこで終わるといいかも知れない

続編は 新たなる旅立ち+永遠に なんでしょうか
それとも ヤマト3
はたまた アクエリアス
数年後を お楽しみに

スポンサーサイト



関連記事 [アニメ]
アニメ | コメント(4) | 20190310022630 | 編集
3896|飛鳥|20190318202145

僕は「さらば~」は作ってはいけない映画だったと思っているので、今回のは全然みませんでした。でも「さらば~」でも2でもないなら見てみようかなあ。
加藤を死なせたのは何故?って思います。
旧作でも次のシリーズで困って、結局双子の弟を出した上に、その弟が最初からいたかのような扱いになっていて、ああスタッフも続編作るのに困ったんだなあというのが感じられました。
今回のバンダイのプラモは売れたんでしょうかね。
週刊ヤマト2202をつくろう、なんてのが出てくるんだから売れてるのかなあ。
商売になるなら次の作品もありそうですね。
3897|たぼ|20190318230848

飛鳥さん
バンダイのプラモデルが売れているかは・・・微妙です。
売れてはいると思うんですよ、売れては・・・でも新作が少ないんです。
カラーバリエーション連発です。(追加パーツついたりしてますが)
アンドロメダしかり 主力戦艦いやドレッドノート級しかり
飛行機もコスモゼロのカラバリブラックバードくらいだし
コスモタイガーでないですからねえ
超合金魂ヤマト2202なんてのも出るくらいだし売れてるとは
思うんですが、プラモさほどなのかもしれません。

テレビでヤマト2202やってますんで、今週・来週くらいを
見るといいかも知れません。(24話・25話のはず)

加藤四朗って双子の弟だったんですか?てっきり普通の弟だと
思ってました。(坂本じゃ駄目だったんですかねえ)

3904|pis|20190321074503

都市帝国がどうしてもMAC基地にまとわりつくシルバーブルーメに見えてしまします・・・。
3909|たぼ|20190322014859

pisさん
あはは シルバーブルーメですか・・・
たしかにタコというか クラゲ的ですね。
ある意味 ドゴラみたいな感じですが・・・
 
前のページ | HOME | 次のページ
フリーエリア
ブログ内検索
    © 2019 たぼのいろいろ  Designed by 意地天